リハビリテーション担当職員研修会のご案内

群老健20-57
令和2年12月2日

県内介護サービス事業所等に勤務する
リハビリテーション担当職員 各位

公益社団法人群馬県老人保健施設協会
理 事 長 服部徳昭
学術研修部会長 牛島義雄
(公印省略)

 

≪リハビリテーション担当職員研修会≫

「在宅復帰に向けたリハビリテーションの目標」オンライン研修会開催について(ご案内)

初冬の候、ご清祥のことと拝察いたします。
令和2年度リハビリ担当職員研修会のご案内をいたします。
今回の研修テーマは、「在宅復帰に向けたリハビリテーションの目標」としました。
講師は、神戸学院大学総合リハビリテーション学部理学療法学科教授 備酒伸彦 先生です。
入所が長期化するなかで、在宅復帰を目指すために「住環境整備」や「リハビリテーションの客観的評価」にどう取り組んでいけばよいのか等々、これからの老人保健施設が目指す方向をお示しいただけるものと思います。
受講対象者は、県内介護サービス事業所等に勤務するリハビリ担当職員の皆様とさせていただき、下記要領にて計画しました。ご多忙のところではありますが、受講につきましてよろしくお願い申し上げます。
なお、当研修は県の「令和2年度群馬県地域医療介護総合確保基金事業」として実施予定であり、受講費は無料です。

 

配信方法  Webによる映像配信
配信期間  令和3年1月18日(月)13:00~1月22日(金)17:00
所要時間  90分程(映像視聴所要時間)
講演内容  「生きるを支えるケア~これからの老健に求められるもの~」
講師:備酒 伸彦 先生
  (神戸学院大学総合リハビリテーション学部理学療法学科 教授)
受講条件  受講用メールアドレスの報告 (スマートフォンは除く)
Web送信による受講者記名アンケートの提出
申込方法  この開催案内の下部にある「受講申込書」よりお申し込みください。
※ブラウザが「インターネットエクスプローラー」の場合、「受講申込書」が開かないことがあります。
定  員  100名
受 講 費  無料
申込締切  12月25日(金) (定員になり次第締め切らせていただきます。)

 
※ご報告いただいた受講用メールアドレスに、1月12日(火)に講師のPDF資料を、また、1月18日(月)12時前後に、受講用URL、パスワード並びにWebアンケート回答用URLを別々に配信します。配信するメールが受信できるよう、または迷惑メールとならないよう、事前に設定しておいてください。
なお、配信に使う本会のメールアドレスは「gunmakenrouken@sunny.ocn.ne.jp」です。

以上

 

公益社団法人群馬県老人保健施設協会 事務局

URL https://www.gunma-roken.jp  TEL 027-233-0350